http://blog-imgs-63.fc2.com/n/e/k/neko3578/20140418215003beb.ico

*祝!「レコ芸」創刊800号* 別冊付録《復刻版「創刊号」》・タワレコで《高音質UHQCD》も試聴! - 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ

愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ ホーム » 音楽 » *祝!「レコ芸」創刊800号* 別冊付録《復刻版「創刊号」》・タワレコで《高音質UHQCD》も試聴!
Sponsored Links



Fotolia
*有名なストックフォトサイトのFotolia(フォトリア)さんで画像を紹介中!
よろしかったら私のポートフォリオ(photo358)もご覧ください。




*祝!「レコ芸」創刊800号* 別冊付録《復刻版「創刊号」》・タワレコで《高音質UHQCD》も試聴!

DSC08650a *祝!「レコ芸」創刊800号* 別冊付録《復刻版「創刊号」》.jpg


祝!「レコード芸術」創刊800号
 
もう何日も経ってしまい旬の情報ではないのですがブログにアップすることにしました。 4月29日(土)の事、この日は代官山方面に行った帰りに「タワーレコード渋谷店」に寄りました。 エレベーターで昇った7階クラシックのフロア入口では、話題の高音質CD「Ultimate Hi Quality CD(UHQCD)」を特集していました。 UHQCDとCDをそれぞれ比較できるハイライト盤2枚組の現行CD面も試聴機に入っていたので、高音質CDのUHQCDと聴き比べてみました。 LPレコードを再生した時のような中低音の深々とした充実感のある響きと空間に解き放っていく残響の自然さが通常盤CDとは違って情報量が高かったのです。 今までのCDに戻れないくらいの音質の違いを感じて驚きました。 スーパーオーディオCD(SACD)も高音質仕様にならないのかな?

試聴機の近くで音楽之友社「レコード芸術」創刊800号が目に入ったので手に取りました。 私と「レコ芸」との付き合いは、中学校の修学旅行中に入った書店で見つけ購入したのが始まりです。 小学校6年生のときに親に買ってもらったセパレート型4chステレオと2枚のLPレコードが宝物で大事にしていました。 LPレコードは月に1枚買えれば良い方だった時に出会った「レコ芸」は眩しく輝いている存在でした。 1975年8月号から1992年5月号の創刊500号を経て1993年1月号まで読み続けた「レコ芸」は今でも保管してあり、その後はクラシック音楽に興味を持った弟が引き続き買うことになりました。 「レコード芸術」5月号「記念特集」 《創刊800号「レコード芸術」の過去・現在・未来》は、とても興味深く充実した内容で、別冊付録《「レコード藝術」創刊号》の仕上がりも素晴らしく、創刊当時の記事や広告を見ていると1952年2月にタイムスリップしたかの如く楽しかった。

高音質CD「Ultimate Hi Quality CD(UHQCD)」は、「プレミアム・クラシックス(UHQCD)」や「シャルプラッテンBEST」のシリーズで聴くことができます。 「レコード芸術」は6月号が発売される時期が迫ってますね。  




*カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:SONY(ソニー) 100mm F2.8 MACRO SAL100M28 


 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ブログランキングに参加中!!  いいね!って思いましたら、お気軽に投票をお願いします。  パソコンの方は、キーボード左下の[Ctrl]を押しながら、ぽちっとクリックすると簡単です。


↑ おきてがみは、あなたの訪問を伝えてくれるブログパーツです。 コメントはチョットという方、こちらをクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ はてなブックマーク。 旬な情報が発見できる!?


ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
* コメントの書き込み、お気軽にどうぞ! 記事タイトルをクリックしてもOKです。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://neko3578.blog.fc2.com/tb.php/2204-c51f3b09