http://blog-imgs-63.fc2.com/n/e/k/neko3578/20140418215003beb.ico

*エルネスト・ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」 初演 (1917)* ロストロポーヴィチ(チェロ) バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団 - 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ

愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ ホーム » 5月 音楽家の生没年&作曲・初演日 » *エルネスト・ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」 初演 (1917)* ロストロポーヴィチ(チェロ) バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団
Sponsored Links



Fotolia
*有名なストックフォトサイトのFotolia(フォトリア)さんで画像を紹介中!
よろしかったら私のポートフォリオ(photo358)もご覧ください。




*エルネスト・ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」 初演 (1917)* ロストロポーヴィチ(チェロ) バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団

DSC08452a *エルネスト・ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」 初演 (1917)* ロストロポーヴィチ(チェロ) バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団 20170503.jpg


ブロッホ「シェロモ」 LPレコードを聴く!

今から100年前の1917(1916?)年5月3日、アメリカ合衆国に帰化したスイス出身のユダヤ人作曲家、エルネスト・ブロッホ(Bloch,1880-1959)の作品《チェロと管弦楽のためのヘブライ狂詩曲「シェロモ」》が初演されました。 1915年~1916年にかけてジュネーブで書かれたとされるこの作品の「シェロモ」とは、旧約聖書に登場する古代イスラエルの王、ダヴィデの末っ子ソロモンのことです。

演奏は、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)、レナード・バーンスタイン(指揮)、フランス国立管弦楽団です。 ロストロポーヴィチが奏でるチェロは偉大なソロモン王の如く雄弁に語り、バーンスタイン率いるフランス国立管弦楽団は色彩感豊かに圧倒的な迫力で迫ります。 厚みのある深い響きで豊かに表現される独奏チェロと大編成による壮大なオーケストラの響きは圧巻! 録音も優秀!

ニューヨークで初演された時のオランダ出身のチェリスト、ハンス・キンドラー(Kindler,1892-1949)は、フィラデルフィア管弦楽団の首席チェロ奏者として活躍した後、1931年にワシントン・ナショナル交響楽団を創設し、初代の音楽監督として1949年に亡くなるまで職務を全うします。 指揮者としても活躍したロストロポーヴィチも、この録音が行われた1976年11月の翌年1977年9月、同じ楽団のワシントン・ナショナル交響楽団の音楽監督兼首席常任指揮者に就任します。 1994年まで務めることになるのです。




*MC型 ステレオレコードカートリッジ(PHONO CARTRIDGE):ZYX(ジックス) R100-02  ヘッドシェル:ortofon(オルトフォン) LH9000  レコードプレーヤー:CEC(中央電気) ST930  MC昇圧トランス:Phase Tech(フェーズテック/協同電子エンジニアリング) T-3  フォノイコライザー・アンプ:Firestone Audio(ファイヤーストーン・オーディオ) Korora(コロラ)

*カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:MINOLTA(ミノルタ) AF MACRO 50mm F/2.8  


 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ブログランキングに参加中!!  いいね!って思いましたら、お気軽に投票をお願いします。  パソコンの方は、キーボード左下の[Ctrl]を押しながら、ぽちっとクリックすると簡単です。


↑ おきてがみは、あなたの訪問を伝えてくれるブログパーツです。 コメントはチョットという方、こちらをクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ はてなブックマーク。 旬な情報が発見できる!?


ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
* コメントの書き込み、お気軽にどうぞ! 記事タイトルをクリックしてもOKです。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://neko3578.blog.fc2.com/tb.php/2190-49596d33