http://blog-imgs-63.fc2.com/n/e/k/neko3578/20140418215003beb.ico

*9月4日はクラシック音楽の日* 名門オーケストラ(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス&ベルリン・フィルハーモニー)メンバーによる室内楽 - 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ

愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ ホーム » 音盤紹介(LP・CD・DVD など) » *9月4日はクラシック音楽の日* 名門オーケストラ(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス&ベルリン・フィルハーモニー)メンバーによる室内楽
Sponsored Links



Fotolia
*有名なストックフォトサイトのFotolia(フォトリア)さんで画像を紹介中!
よろしかったら私のポートフォリオ(photo358)もご覧ください。




*9月4日はクラシック音楽の日* 名門オーケストラ(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス&ベルリン・フィルハーモニー)メンバーによる室内楽

9月4日は「クラシック音楽の日」です。 1990年に日本音楽マネージャー協会(現 一般社団法人日本クラシック音楽事業協会)が制定しました。 クラシック(9ら4っく)という語呂合わせになっています。 

DSC06071a *9月4日はクラシック音楽の日* 名門オーケストラ(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス&ベルリン・フィルハーモニー)メンバーによる室内楽 20160904.jpg


今日はこの日にふさわしいクラシック音楽の喜びと楽しみを味わえる逸品を紹介します。 コロムビアミュージックエンタテインメント(現 日本コロムビア)が「オイロディスク・ヴィンテージ・コレクション」として2008年に発売したライプツィヒ・ゲヴァントハウス四重奏団による《モーツァルト:弦楽四重奏曲14番 ト長調「春」 K.387》とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団メンバーによる、《シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 D.667 作品114 「ます」》です。

モーツァルトが敬愛するハイドンに捧げた6曲の弦楽四重奏曲「ハイドン・セット」の第1曲 K.387は、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターを務めた、ゲルハルト・ボッセとカール・ズスケがそれぞれ1stヴァイオリンと2ndヴァイオリンを担当し、ヴィオラのフリッツ・ヘントシュケとチェロのアルヴィン・バウアーが色を添えます。 シューベルトの歌曲《「鱒」D.550 作品32》による変奏曲を第4楽章に持つ《ピアノ五重奏曲「ます」》のヴァイオリンを担当しているのは、フルトヴェングラーに認められて1933年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し首席コンサートマスターを務めたジークフリート・ボリースです。 そしてピアノは、ベルリン・フィルのファゴット奏者のオスカー・ローテンシュタイナーが弾いています。 ローテンシュタイナーは、ピアノの名手としても活躍しました。 ヴィオラはハインツ・キルヒナー、チェロはウィルヘルム・ポゼッガ、コントラバスはクルト・ワルナーが担当しています。

気心知れた仲間との息の合った伸びやかで優美な音楽を聴くと心が癒されます。 このディスク(DENON:COCQ-84535)、クラシック音楽をこれから聴いてみようと思っている方や室内楽曲に興味がある方に、ぜひ耳を傾けて頂きたいおすすめの逸品です。 1950年代のモノラル録音で音質も素晴らしい!!

「オイロディスク・ヴィンテージ・コレクション」 は、オイロディスク・レーベルの名盤を復刻する素晴らしい企画でしたが、TOWER RECORDSが企画・販売し、日本コロムビア株式会社が発売する、新たな企画「オイロディスク音源SACDシリーズ」がスタートしております。 マイナルディが奏でる「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)」など初SACD化、オリジナル・アナログマスターからの最新リマスタリングです。 「オイロディスク・ヴィンテージ・コレクション」として企画された名盤のSACD化もタワレコさんに期待したいところです。




*カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:SONY(ソニー) 100mm F2.8 MACRO SAL100M28 

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ブログランキングに参加中!!  いいね!って思いましたら、お気軽に投票をお願いします。  パソコンの方は、キーボード左下の[Ctrl]を押しながら、ぽちっとクリックすると簡単です。


↑ おきてがみは、あなたの訪問を伝えてくれるブログパーツです。 コメントはチョットという方、こちらをクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ はてなブックマーク。 旬な情報が発見できる!?


ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
* コメントの書き込み、お気軽にどうぞ! 記事タイトルをクリックしてもOKです。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://neko3578.blog.fc2.com/tb.php/1944-d98712a7