http://blog-imgs-63.fc2.com/n/e/k/neko3578/20140418215003beb.ico

*レオポルト・ウラッハ(クラリネット) 没後60年* モーツァルト:クラリネット協奏曲(ロジンスキ指揮、ウィーン国立歌劇場管弦楽団) - 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ

愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ ホーム » 5月 音楽家の生没年&作曲・初演日 » *レオポルト・ウラッハ(クラリネット) 没後60年* モーツァルト:クラリネット協奏曲(ロジンスキ指揮、ウィーン国立歌劇場管弦楽団)
Sponsored Links



Fotolia
*有名なストックフォトサイトのFotolia(フォトリア)さんで画像を紹介中!
よろしかったら私のポートフォリオ(photo358)もご覧ください。




*レオポルト・ウラッハ(クラリネット) 没後60年* モーツァルト:クラリネット協奏曲(ロジンスキ指揮、ウィーン国立歌劇場管弦楽団)

DSC04574a *レオポルト・ウラッハ(クラリネット) 没後60年* モーツァルト:クラリネット協奏曲(ロジンスキー&ウィーン国立歌劇場管弦楽団) 20160507.jpg


5月7日は、オーストリアのウィーン生まれのクラリネット奏者、レオポルト・ウラッハ(Wlach,1902-1956)の命日です。 没後60年を迎えた今日、代表的な録音の中から、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Mozart,1756-1791)が最晩年の1791年10月に作曲した傑作、《クラリネット協奏曲イ長調 K.622》を聴きました。

オーストリア=ハンガリー帝国のスパラト(現 クロアチア南部のスプリト)生まれのポーランド系の指揮者、アルトゥール・ロジンスキ(Rodzinski,1892-1958)とウィーン国立歌劇場管弦楽団による1954年録音のモノラルLPレコードです。 気品があって奥深くふくよかなクラリネットの美しい響きに満たされました。 この協奏曲の魅力を伝えてくれる名盤です。 1949年録音の旧盤もおすすめします。

ウラッハの魅力を堪能できるウェストミンスターとEMIへの録音を収録した11枚組のコンパクトディスク《レオポルト・ウラッハの芸術(The Art of Leopold Wlach)》(Scribendum Argento SC802)が4月に発売されました。 なんと3千円以下で購入できるんです。




*カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:SONY(ソニー) 100mm F2.8 MACRO SAL100M28 

*モノラルカートリッジ:audio-technica(オーディオテクニカ) AT33MONO  ヘッドシェル:My Sonic Lab.(マイソニックラボ) SH1RH  レコードプレーヤー:CEC(中央電気) ST930  MC昇圧トランス:Phase Tech(フェーズテック/協同電子エンジニアリング) T-3  フォノイコライザー・アンプ:Firestone Audio(ファイヤーストーン・オーディオ) Korora(コロラ) 

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ブログランキングに参加中!!  いいね!って思いましたら、お気軽に投票をお願いします。  パソコンの方は、キーボード左下の[Ctrl]を押しながら、ぽちっとクリックすると簡単です。


↑ おきてがみは、あなたの訪問を伝えてくれるブログパーツです。 コメントはチョットという方、こちらをクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ はてなブックマーク。 旬な情報が発見できる!?


ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
* コメントの書き込み、お気軽にどうぞ! 記事タイトルをクリックしてもOKです。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://neko3578.blog.fc2.com/tb.php/1821-adde5f3e