http://blog-imgs-63.fc2.com/n/e/k/neko3578/20140418215003beb.ico

*ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 没後280年* 《スターバト・マーテル》フレーニ、ベルガンサ、グラチス&ナポリ・スカルラッティ管 - 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ

愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ ホーム » 3月 音楽家の生没年&作曲・初演日 » *ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 没後280年* 《スターバト・マーテル》フレーニ、ベルガンサ、グラチス&ナポリ・スカルラッティ管
Sponsored Links



Fotolia
*有名なストックフォトサイトのFotolia(フォトリア)さんで画像を紹介中!
よろしかったら私のポートフォリオ(photo358)もご覧ください。




*ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 没後280年* 《スターバト・マーテル》フレーニ、ベルガンサ、グラチス&ナポリ・スカルラッティ管

DSC04015a *ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 没後280年* 《スターバト・マーテル》フレーニ、ベルガンサ、グラチス&ナポリ・スカルラッティ管 1 20160317.jpg

DSC04018a *ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 没後280年* 《スターバト・マーテル》フレーニ、ベルガンサ、グラチス&ナポリ・スカルラッティ管 2 20160317.jpg


今日3月17日は、イタリアの作曲家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ(Pergolesi,1710-1736)の命日で、没後280年を迎えました。 ペルゴレージは結核で体調が悪化して26歳という若さで世を去ってしまいます。 療養先で最後に書き上げた名作が《スターバト・マーテル(悲しみの聖母)》です。

ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)、テレサ・ベルガンサ(アルト)、エットーレ・グラチス指揮、ナポリ・スカルラッティ管弦楽団による演奏は、私が最初に聴いたディスクであり、お気に入りの1枚です。 このLPレコードは、声楽曲で3枚目、1976年9月に購入しています。 当時、ポリドール株式会社が販売していたアルヒーフレコードはドイツ・プレス盤で音も良かった。 作曲家の生涯や作品の生まれた背景など楽曲解説と対訳も入っていました。

ペルゴレージはナポリを中心に活躍していましたが、このディスクの管弦楽団もナポリです。 二人の優れた歌手によるほとばしる美しき感情表現と、指揮者の見事な解釈によって管弦楽も艶やかで美しい響きを奏でます。 素晴らしい!!




*MC型 ステレオカートリッジ(PHONO CARTRIDGE):DENON(デノン/デンオン) DL-103  ヘッドシェル:AUDIO CRAFT(オーディオクラフト) AS-12K  レコードプレーヤー:CEC(中央電気) ST930  MC昇圧トランス:Phase Tech(フェーズテック/協同電子エンジニアリング) T-3  フォノイコライザー・アンプ:Firestone Audio(ファイヤーストーン・オーディオ) Korora(コロラ) 

*カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:SONY(ソニー) 100mm F2.8 MACRO SAL100M28 

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
ブログランキングに参加中!!  いいね!って思いましたら、お気軽に投票をお願いします。  パソコンの方は、キーボード左下の[Ctrl]を押しながら、ぽちっとクリックすると簡単です。


↑ おきてがみは、あなたの訪問を伝えてくれるブログパーツです。 コメントはチョットという方、こちらをクリックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
↑ はてなブックマーク。 旬な情報が発見できる!?


ご訪問いただきまして、ありがとうございます。
* コメントの書き込み、お気軽にどうぞ! 記事タイトルをクリックしてもOKです。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://neko3578.blog.fc2.com/tb.php/1767-38e2c270